子宮内膜症症状

医師や専門家が深く詳しく解説します

子宮内膜症症状

医師や専門家が深く詳しく解説します

子宮内膜症の症状 : ひどい生理痛の原因は子宮内膜症かも

公開日
更新日

 
執筆:Mocosuku編集部
 
医療監修:株式会社 とらうべ
 
 
子宮内膜症の症状 をご存知ですか? 子宮内膜症は、子宮内以外の場所に内膜が増殖してしまう疾患で、生理痛の原因となります。「生理痛はみんなあるもの」と思って我慢している女性も少なくないと思いますが、実は子宮内膜症だったということもあります。 この記事では、 子宮内膜症の概要や症状、治療法、最近の患者数増の原因等についてご紹介します。
 
 

子宮内膜症はどんな病気なの?

 
子宮内膜症とは、本来子宮の内側にあるはずの内膜の組織が、子宮以外の場所に発生し、増えていく女性特有の病気です。発生しやすい場所は骨盤内で、特に多いとされているのは卵巣、腹膜、ダグラス窩(だぐらすか:子宮と直腸の間にある)です。
 
通常、女性は月経が終わると、次の排卵に向けた卵子の成長が始まります。子宮内膜もそれに合わせて徐々に厚くなっていき、妊娠にむけて準備をします。排卵後、妊娠しなければ、子宮内膜が剥がれて、子宮の外に出されます。
 
子宮内膜症になると、子宮の内側以外で子宮の周期と同様な変化が起こります。つまり、内膜の増殖と剥離が行われるのですが、剥離しても内膜が体外へ排出されず、結果として体の中に血液が溜まっていきます。この体の中に溜まった血液や内膜が炎症や痛みを引き起こします。また、増殖した内膜によって、骨盤内の臓器がくっつく「癒着」を起こした場合、手術が必要になることもあります。
 
女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、子宮内膜の増殖や剥離をコントロールしていますが、このエストロゲンは、子宮内膜症と関係が深いと言われています。
例えば、以下のような事実があります。
・子宮内膜症の患者は、エストロゲンの分泌量が多い20代から40代の女性が多い。
・エストロゲンの分泌が止まる閉経後は、子宮内膜症の患者数は急激に減少する。
・子宮内膜症は、エストロゲンの働きが抑制される妊娠・授乳期を経験した事のない、妊娠・出産未経験の女性がかかることが多い。
 
 

子宮内膜症は何が原因なの?

 
現在のところ、子宮内膜症の原因ははっきりと特定されていませんが、いくつかの説があります。
幾つかの説の中でも、広く知られているのが子宮内膜移植説です。子宮内膜移植説では、月経時に血液が卵管を逆流して腹腔内に入ることを原因としています。ただ、月経血の逆流は、子宮内膜症に罹患していない女性にも起こる現象とも言われているため、なぜ一部の女性のみが子宮内膜症になってしまうのかなど、詳しいことは分かっていません。
 
また、遺伝性も指摘されています。家族に子宮内膜症の患者がいる場合、本人も罹患しやすい傾向があると言われています。しかし、遺伝説についてもはっきりと証明はされていません。
 
 

子宮内膜症の主要な症状

 
子宮内膜症の代表的な症状は「痛み」です。
激しい月経痛に加え、周りの臓器との癒着が起きる事により、排便痛や性交痛を伴います。また、進行性の病気であるため、月経痛が徐々にひどくなることもあります。ほかにも、月経血の変化(量の増加、レバー状のかたまりが出るなど)、貧血、下痢、便秘などの症状が現れる人もいます。
 
卵巣内に月経血が溜まった場合、卵巣の中にチョコレートのような血液の塊が溜まる卵巣チョコレート嚢胞ができることもあります。これ自体は悪性ではありませんが、約1%は卵巣がんを合併するとも言われています。また、嚢胞があまりにも大きく膨らんでしまうと、破裂することがあります。その時にはかなりの激痛を伴い、緊急手術が必要になることもあります。卵管が癒着しているケースでは、不妊になってしまうこともあります。(卵管が癒着していない場合でも不妊となることがあり、子宮内膜症自体が、不妊の原因になるという説もあります)
 
子宮内膜症の症状は、子宮内膜のできた位置や進行の程度を把握する手掛かりになります。
自覚症状があるのであれば放置することなく、早期に婦人科を受診し、医師に自分の症状について詳細を説明するようにしましょう。
 
 

子宮内膜症を放置すると症状は…?

 
子宮内膜症を放置すると、①自覚症状がない状態、②病巣の拡大による出血増・月経痛の悪化、③癒着が起こり、チョコレート嚢胞が生成され、性交痛が生じ、痛みの程度が悪化、④癒着の範囲が広がり、骨盤内外にある臓器もカバーしてしまい、常時腰痛や下腹部痛に悩まされQOLが著しく損なわれる…と段階的に症状が重篤さを増していきます。
 
②の症状を認識した段階で、出血増、月経痛を我慢せずに、受診することにより、症状悪化を回避し早期回復が可能になります。
 
 

子宮内膜症の治療

 

ホルモン療法

子宮内膜症には、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが大きく影響していますが、そのエストロゲンの作用を抑制しようとするのがホルモン療法です。
 
ホルモン療法には、①やはり女性ホルモンの一つであるプロゲステロンを投与し、妊娠時と似た状況を作る偽妊娠療法、②エストロゲンを分泌する卵巣の働きを抑えて月経を止める偽閉経療法、③エストロゲン分泌を促す卵胞刺激ホルモンの分泌を抑え、エストロゲン分泌を抑える偽閉経療法があります。
 
ホルモン療法は、薬品によりエストロゲンの働きを抑える療法ですが、更年期障害と似た副作用の心配があります。また排卵を抑制するので、妊娠をする事は困難になります。婦人科を受診して、そのメリット、デメリットを充分理解する事が重要です。
 

手術

ホルモン療法では効果が余り出ない場合等に、病巣の摘出や臓器癒着の解消の為、開腹手術、または腹腔鏡手術を行います。お腹の中を観察するための内視鏡を腹腔鏡といい、この内視鏡を用いて行う手術のことを腹腔鏡手術といいます。腹腔鏡手術は、開腹手術と比較すると体の負担が余り大きくならずに病巣を摘出する事が可能です。開腹、腹腔鏡手術ともに、卵巣、子宮を全摘出しない場合は、再発するリスクは残ります。
 
 

患者数が増えている!?その理由は?

 
旧厚生省が平成9年に行った調査では、日本で子宮内膜症の治療を受けている患者数は約13万人であることが明らかになりました。ただ、近年患者数は増加傾向にあり、現在はもっと多くの患者がいるのではないかという指摘もあります。
 
子宮内膜症の患者数が増えていく背景には、平均的な女性の生理回数の増加とそれに伴うエストロゲン分泌期間の長期化があると考えられています。
 
かつての日本では、女性の初産の年齢が若く、一生のうちに子どもを出産する平均回数も現在よりも多かったため、女性の一生の中で、経験する生理の回数は現在よりも低い数値でした。
 
しかし、初経年齢は早まる一方で、晩婚化、少子化の傾向が強まり、女性のライフスタイルの変化もあり、初産の年齢は高齢化し、一生における出産回数も0~2回という人が増えています。結果として、生理回数の増加とエストロゲン分泌期間の長期化が起こっています。
 
これまでお話してきたように、子宮内膜症は生理のたびに必要がなくなった月経血が体内に溜まることで悪化します。出産回数が減って、生理の回数が増えると、子宮内膜症は進行しやすくなることが、子宮内膜症の患者数増加の要因の一つとして考えられています。
 
 

まとめ

 
ここまでご紹介したポイントを以下にまとめましたのでご参考にして頂ければ幸いです。
 
・子宮内膜症は本来できるはずのない子宮内以外の場所に内膜が増殖してしまう疾患で、20代~40代に多い。
 
・子宮内膜症の原因について諸説あり、子宮内膜移植説、遺伝説等があるが、はっきりと特定することはできていない。
 
・子宮内膜症の代表的な症状は、月経痛や性交時・排便時の痛みなどであり、癒着の場所によっては不妊の原因になることもある。
 
・子宮内膜症の治療法としては、ホルモン療法、手術(開腹、腹腔鏡)がある。
 
・晩婚化、少子化、女性のライフスタイルの変化により、昔に比べて生理の回数が増え、悪化しやすくなっている。
 
・症状がでているにも関わらず、「いつもの生理痛だから・・・」と言って放置することなく、早めに受診する事が重要。
 
 
参考:厚生省心身障害研究「リプロダクティブヘルスからみた子宮内膜症の実態と対策に関する研究」平成9年度 http://www.aiiku.or.jp/~doc/houkoku/h09/h091602.pdf
 
 
監修者プロフィール :
株式会社とらうべ:医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など、専門家による、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 
 

オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
「子宮筋腫になる原因 とは? 妊娠、遺伝、食事…どんなことが影響する?」
 
「子宮筋腫の手術 とは? 子宮筋腫の手術はどんなケースで行うべき?」
 
「子宮筋腫と妊娠 : 子宮筋腫って妊娠にどんな影響があるの?」
 
「子宮内膜症の原因 とは?女性ホルモン?ストレス?他には?」
 
「子宮内膜症の治療 : 鎮痛剤から腹腔鏡下手術まで子宮内膜症の治療法を解説」
 
「チョコレート嚢胞 の原因・症状・治療について解説!ストレスは要注意!」
 
「子宮内膜症の再発リスク :手術後のケアと妊娠へ向けて」
 
「子宮腺筋症 :原因、症状、検査方法、治療方法とは?生理痛の原因?」
 
「子宮筋腫の治療 とは? 知っておきたい子宮筋腫のタイプや症状について」
 
「子宮がん検診 :ブライダルチェックの主要な項目の一つ! 子宮がん検診 の項目、検査方法、検査結果、診断方法について」
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。